廃車手続き

廃車の手続きに必要なもの

廃車手続きをする際に必要なものがたくさんありそうで、なんか面倒臭そうだなと思っている方も少なくはないと思います。

 

まず必要になってくるのが書類なんですがここで注意しなければいけない事というのは、廃車の種類によって必要になってくる書類が異なってくるそうです。

 

初めに廃車の種類というのは、永久抹消登録、一時抹消登録、解体届出、の3種類があります。

 

そして永久抹消登録で必要になってくる書類が、委任状、印鑑、印鑑証明書、車検証、ナンバープレート(前後の2枚)、申請書、リサイクル券、などが挙げられこれは一時抹消登録でも同じ事が言えます。

 

最後に、解体届出の際に必要になってくる書類は、委任状、登録識別情報等通知書か一時抹消登録証明書、リサイクル券、などとなっています。

 

またいずれも車検の月日が一ヶ月以上ある時には、還付金を受け取る事ができるのでそのような場合であれば自身の受け取り口座などが必要になってきます。

 

自身で手続きをやる場合は、さらに必要書類は多くなってきますので個人的にオススメなのが店などに依頼した方が、手っ取り早く手続きを進めることが出来ると思います。

 

査定をしてもらう場合


車やバイクなどの廃車を考えている方は、まずは査定して貰う事を考えてみてもよいでしょう。

 

廃車を考えると言う事は、海外など遠方への引越しやその他の事情、具体的には事故を起こした車両だから、長い距離を走っている車両だからなど色々な事が挙げられると思います。

 

そのような車両であっても買い取ってくれる可能性があります。

 

ですから売れるはずもないと思い込まずに、ダメで元々という気持ちで査定してみる事をオススメします。

 

またこの査定はお金が掛かるんじゃないの?と思っているかもしれませんが、ほとんどの業者は無料査定してくれますのでリスクは何にも無いという事が言えます。

 

事故車両の軽自動車で13000円、水没車の場合は8000円などという値段が付くケースもあります。

 

ですから、何もせず廃車にするより、無料査定はしてもらったほうが良いと思います。

 

関連
カービューの事故車査定の前に

更新履歴